セフレ、ビッチ、ヤリマン情報

【セフレ】久々に会ったカナコに中出ししてきたwww

ちーっす!!

野菜を最近たくさん食べるようになりました。

なかっちです。

諸説はありますが、例えばトマト!!!

トマトって、土壌が痩せていれば痩せているだけ美味しい実がなると言われてます。

土から栄養を得られない分、危機感が増して必至で実をつけようとするみたいです。

…ん???待てよ?

それって、なかっちの性欲にも関係してるのか?

每日1食で空腹をごまかし、コーヒーを飲みながらタバコを吸い、起床時間もバラバラ…www

こんな生活をしてたらいつ死んでもおかしくないwww

そう。なかっちの本能ができるだけ子孫を多く残そうとし命じているから、性欲が途切れないのかもしれない。www

結果オーライですwww
一人でも多くの女性とエッチをするためためなら、このくらいの犠牲は必要かと思われますwww

さ、本題に入ります。


———————–
年上じゃないとだめなんです。
4年制大学に通うコハルです。
急なんですけど、今日これからお会いしてくれる方はいませんか?
こういう遊びにあまり慣れていないんで、
優しくリードしてくれる年上男性だといいな。
書込み日時:2/22* 18:44
受付メール数 :3/15
♀アサミ
20-25歳
———————–

この書き込みはPC☆MAXで発見しました!!

投稿から時間がそれほど経っていないにもかかわらず、3人もの男がアプローチをかけてましたwww

でも、男性の皆さん。
ここで諦めたら出会い系サイトを楽しむことなんて出来ませんよ!!

別にどうにかなるってほどの話じゃないので、こーゆう時は玉砕覚悟でアタックすべきです。

メール1回の送信につき数十円分のポイントを消費することになるけど
その数十円を惜しいと思うような人はそもそも出会える系サイトに向いていないと言えますwww

———————–
こんばんは、アサミさん。
なかっちです。
さきほど仕事が終わったんですが、偶然書き込みを見つけちゃいました。
優しいくらいしか取り柄がないですが、是非アサミさんと楽しい時間を過ごしたいです。
いま、私も近くにいるので、5分後でも数時間後でも待ち合わせ可能です。
以上、検討してもらえたら目茶苦茶嬉しいデス!!
———————–

こんな感じで送信。

すると5分程で返事が届きました。
そこから数通程メール交換を行ない、アッサリと約束が成立しました。

待ち合わせ場所で待っていると、数分くらいでアサミちゃんらしき女性が歩いてきました。

予想以上にロリ可愛いく身悶えしてしまいましたwww

元フジテレビの女子アナ・寺●理恵子の若いころに似ていて、
眺めているだけで自然と笑顔になってしまうような癒し系。
全体的にスマートな体型で、オッパイサイズはかなり小さそうだったけど、そんなのは誤差みたいなものですwww

なかっちからすれば、若くて可愛いコとヤれるだけで大満足www

「こんばんは、アサミちゃんかな?」
「あ、はい。なかっちさんですか?」
「うん。さっきPC☆MAXで約束させてもらったなかっちだよ。今日はよろしくね」
「はい。こちらこそよろしくお願いします」

笑顔で答えるアサミちゃん。その表情があまりにも眩しすぎて
思わず視線を逸らしましたwww

「なんか、すっごい機嫌良いね!!」
「え?そうですか?」
「うん!!何かイイことでもあった?」
「いえ、そうじゃないです。緊張しすぎて逆に笑顔になってるのかも…」
「そんなに緊張してるん?」
「はい。こういう遊び、実は初めてなので…」

アサミちゃんの一言で、一瞬にして勃起してしまったwww

おそらくこの時からなかっちのパンツにシミがデキていたと思われるwww

「サイトで会うのが初めてなん?」
「は、はい」
「じゃあ、彼氏以外の人とエッチするのも初めて?」
「そ、そうです」

なかっちのボルテージは最高潮!!

このまま区役所の夜間窓口に駆け込み、婚姻届を提出しようと一瞬よぎったwww

「相手が俺みたいなので平気?嫌だったら帰っていいんよ?」
「平気ですよ。メールの印象通り、すごく優しそうですし…」
「優しいのだけは本当だよ。絶対にアサミちゃんの嫌がることはしないからね」
「はい。ありがとうございます」

そんなこんなでラブホ街に向かうことに。
途中でコンビニに立ち寄り、飲み物を購入。
そして、ホテルへチェックin

部屋に入ってからも、しばらくはおしゃべり。まずはアサミをシャワーに促す。

そのあとなかっちがシャワーを浴びると、室内の明かりがギリギリまで暗くなっていましたwww

「アサミー。これじゃ暗くて何も見えないよ。もう少しだけ明るくして良い?」

「だって、恥ずかしいもん。。。」

「大丈夫だよ^^俺、そんなに凝視しないからwww」

少しだけ明るくすることに成功。

初めに濃厚なキスを交わし


感度の良さそうなオッパイを舐めまわしていく。
「あんっ。ヤバい。。。なかっちエロいよぉ。」
アサミの感度はなかなか良好で、アンアンと鳴いてくれましたwww

すでにビッチョビッチョのマンコを目にし、陰唇に沿って舌を這わせ、愛液の味を確かめるwww

苦味は一切なく、ほんのり塩味といった感じ?

鼻先でクリを回しながら、舌を膣口に挿入!!

力いっぱい舌を伸ばしましたwww

その後、クリちゃん、Gスポット、膣の最奥、両乳首の5か所同時攻めをスタートwww

すると、スグにアサミが懇願www

「も、もう入れてっ!!」

マ●コをビショ濡れにしながらそうお願いされたら、従うしかないwww

急いでゴムを取り出し、アサミに背中を向けながらなかっち●ちんに装着!!

さ、本番開始!!

ゴムを装着して振り返って見ると。。。

あれ???
アサミ?www

なんと、ベッドから降りて壁を向いて立っていましたwww

「この格好でシて欲しい。。。」

立ちバックー!!!wwww

積極的すぎる。
やっぱりあの時婚姻届を出しに行ったほうが良かったのか?www

なかっちは大喜びで彼女の小ぶりの尻を抱え
ズブズブとなかっち●ちんを挿入www

そして、根元まで挿入しきった瞬間、突然アサミが絶叫しましたwww

「あ、イ、イッちゃうぅぅっぅぅうぅ…」

そう。両足をガクガクさせながら昇天してしまったみたいですwww
クンニの時も軽くイッていたんだけど、まさか挿入と同時とはwww

「だ、大丈夫?ベッドに移動しようか?」
「い、いいえ。このままがいい。」
「でも、苦しそうだよ。ホントに平気?」
「じゃあ、少し移動しますね」

合体したまま身体の向きを変えるwww

筆なかっちはチンコが外れないよう、
彼女に密着しながら後を追いましたwww
そして、ベッドに四つん這いになったアサミ。

「これでいいん?」
「はい。このままシてください」
「了解。じゃあゆっくりピストンしていくね」

アサミのケツを抱え
ゆっくりと膣圧を楽しみましたwww

アサミがベッドに突っ伏さないよう両手に力をこめながら、高速ピストンを開始。

「あ、また、またイッちゃいそうです!」
「うん。俺も限界だよ。そろそろイ、イクよ!」


ふぅ。

その後は余韻にひたり、バイバイしました。

後日メールを送って見たけど、まだ返信は無し。www

ま、気長に待ちますか!!!www

セフレなんて簡単!