セフレ、ビッチ、ヤリマン情報

【体験談】上戸彩似のロリ美少女レイヤーにエロ水着を着せて


コスプレ好きな女ってエロい女なのかな?という体験談

去年の話だけど、  
暇つぶしに出会い系をやってみたところ、  
¥目的の女とアポが取れました。

写メを貰うとルックスは  
上戸彩に似ていて、なかなかの美形。


女がOKしたらハメ撮りもしようと思って、  

撮影用のデジカメと、乳首やマン毛やケツの穴がはみ出すほど面積の少ないマイクロ水着を、カバンに入れて待ち合わせ場所の駅へ行きました。  


すっぽかしも覚悟していたのですが、とりあえず女はやって来ました。  


ワクワクメールの・・・人ですよね?」

って聞いて来ました  

いやいやサイトの名前出すなよ。恥ずかしい(笑)  


「そうです。メールの人です」

と言い直してめでたく初対面。  


背が低く身長150センチくらいで、  
見たところ自称どおりの年齢だと感じました。  


それで直ぐに歩いて数分のラブホテルへ入りました。  


部屋でソファに座って少し話しましたが、  
彼女はノリが悪くてイヤなムードが漂いました。  


とてもハメ撮りとかエロ水着のことは言い出せる雰囲気ではありませんでした。


それでそれぞれにシャワーを浴びて、  
ここまで来ればヤルことをヤルだけだと気を取り直して、  
いつものペースで事を始めました。  


彼女のタオルを取ると、少し膨らんだ程度の胸が目に飛び込んできました。  


「おっ!思ったよりも胸が小さい!

ロリコンなボクチンとしてはウレシイ誤算!」  


なんて思いながら、  
ミニモニ少女の乳首をブチュブチュ吸ったり指でクリクリしながら、  
舌を股間の茂みに這わせていきました。  


彼女のマンコは少し茶色になっていましたが、  
ビラビラはそんなに伸びておらず、  
それほど使い込まれていませんでした。  


そんで手抜き無しで  
気合いを込めたベロベロクンニをしていたところ、  


彼女は突然豹変しました。



「アア~ッ!ハアア~ッ!」


とエロいアヘ声を出して、  
舌の動きだけでは追い付けないほど激しく腰を上下に振りだしました。  


必死にクリに吸い付いて何とかイカせたんですが、  

彼女は  


「マンコイッちゃう!マンコ!マンコ!マンコォォォ~ッ!」



と淫語を絶叫していました。  


上戸彩似の美少女の思いがけない豹変振りに驚きつつも、  

淫語好きの俺は思わずチンポビンビンになってしまいました。  


それで仁王立ちして、  
淫乱なメスガキにフルボッキしたマイチンポを見せ付けてやりました。  

彼女は俺のデカマラを見ると、  


「スッゴ…!」


とか言ってビビッていました。  



そんで豹変したまま、  
しゃぶり付くようなフェラに突入!  


最初とはまるで別人のような淫乱モード。  



ヂュッ!ヂュッ!ブリッ!ブリッ!と汚ない音を出して、  
チンポをねぶり回しました。



それから俺が上になるシックスナイン体勢に変えて、  

濡れ具合を確認するつもりで指マンしたところ、  


思ったよりも反応が良いんで、  
そのまま続けてGスポ刺激に切り替え。  


彼女はまた  


「マンコ!マンコ!」


と言いながら、潮をドバァ~ッ!と噴いて、  

もう一回イッてしまいました。  


「最初ノリが悪かったのは緊張してただけなんだな」

なんて思いました。  


エッチのノリが悪くないのはよく分かったんで、  
もう一度チンポをねぶらせてフルボッキ状態にして、  
いよいよオマンコ開始!  


「ナマでいいかな?」


と聞いたところ、  

「中出しじゃなければいいよ」

ってことで、  

正常位でチンポをズボッ!


ブチュブチュと唇を吸い尽くすようにディープキスをしながら、  
腰を左右にクネクネさせてピストンして、  
彼女をヒイヒイよがらせてやりました。  


そんで俺が  


「チンポって言え!チンポチンポって続けて言えーっ!」


と命令すると、  

淫乱少女は間髪入れずに  

「チンポォォォ~ッ!チンポチンポ!チンポチンポチンポォォォ~ッ!」


などと叫び始めました。  


そのままの体勢でピストンを続けてやると、彼女は白目をむいて、  


「ヴグゥゥゥ~ッ!イングゥゥゥ~ッ!」


などと叫んで絶頂に達してしまいました。  


上戸彩似の美少女のすんごいアヘ顔を見せ付けられて、  
俺も訳わかんなくなってきて、  
彼女の頭を両手でつかんで、  
鼻の下をベロベロ舐め回して、  
更に鼻の穴にまで舌をズボズボ挿し込んでやりました。  


メスガキは目を白黒させて、  

「フンフンフンフン!」  


なんて唸っていました。  


それから彼女を四つんばいにしてバックからチンポぶち込んで、
腐れマンコをドスバスに犯しまくってやりました。


淫乱少女は俺のマッハピストンのリズムに合わせて、狂ったように  


「チンポチンポチンポチンポ!」


と何べんも叫びまくっていました。  

俺はマンコの快感のツボを集中的に突きながら、  

たて続けに二回イカせてやりました。  



彼女は枕に顔を押し付けて、  
くぐもった声を出して呻いていました。  


そんでフィニッシュはチンポを抜いて、  

彼女を仰向けにひっくり返して、  
チンポを口元に持っていって必殺の顔面シャワー!



ものすごい勢いでものすごい量のチンポの汁をぶっ放して、  
エロガキの鼻の穴を両方ともネバネバ粘液で完全に塞いでやりました。  


彼女はまるで寒い時のように小刻みに震えていました。  

最後に強く絶頂に達してそんな状態になったようでした。  


俺は彼女の口にチンポを突っ込み、  

「手で根元をシゴきながら、強めに吸って」

とか言って、お掃除フェラを強要。  


それで上戸彩似の美少女が鼻の穴から精子を垂らしているアホヅラや、  

マン汁でグチョ濡れの腐れマンコを  
デジカメで激写
してやりました。  


1R終わって一息つきながら、  

「思ったより小さな胸がオレ好み♪」

とか、  

「積極的なことはサイコー!」


なんて話してたんですが、彼女に  

「もしかしてロリコン?」

なんてストレートに聞かれちゃいました(笑)  

あっさりと「そうだよ」と答えたら、  


自分もカミングアウト返しのつもりなのか、  

「わたしはアニオタだよ」

とか言ってました。  


それからしばらくアニメやマンガやゲームなどのオタク話。  


「コミケでコスプレなんてするの?」って聞いたら、  


「したい!」だって。  


それでこれはイケるかなと思って  

「じゃあこういうの持ってんだけど着てみない?」


とか言って、カバンから例のマイクロ水着を取り出すと、  

彼女は  

「やだぁ~っ!何それ~っ!」


とか言いながらも、楽しそうに水着を広げていました。  

彼女は  

「もぉ~、ロリコンさんはエッチなんだからぁ~(笑)」

とか言いながらも、エロ水着を着てくれました。  


後ろから見ると可愛いプリケツに水着が食い込んで、  

フンドシみたいでめちゃめちゃエロい!



俺はあまりのいやらしさに  
「ムッフゥ~ッ!」
と鼻息噴き出すほど興奮して、  

アニオタ美少女にスケベなポーズを取らせてデジカメで撮りまくりました。


彼女もだんだん乗ってきて  

「こんなのはどう?」

とか言って、  

自分でM字開脚をしたり、  
水着をずらしてマンコを見せ付けてきました。  


それで一発ハメて鼻の穴に顔射されてエロエロ水着で撮影したからか、  

最初とはうって変わって  

打ち解けた雰囲気でシックスナインに突入!


彼女の顔の上に尻を乗せて、  

「ケツの穴を舐めるんだ」

と命令して、  
ケツ毛ボーボーのジャングル肛門まで舐めさせてやりました。  


舌を入れるように言うと、  
エロガキはクソツボに舌をニュボッと挿し込んできました。  


自分の人生の半分も生きていない小娘に  

ケツの奥まで舌を突っ込まれるのは最高の快感で、  

俺は思わず鼻汁垂らして舌を出してアヘッてしまいました(笑)



それで二発目は、エロ水着を着せたままオマンコ開始。

まず上になってもらったんだけど、  
メスガキはガバッと脚を開いて見事なM字開脚をして、  

自分でマンコにチンポをハメて、再び淫乱モードに突入。  


メチャメチャやらしいウンチングスタイルで、  
勝手に腰を振りまくって、  

「ダメェェェ~ッ!イッちゃぅぅぅ~っ!」


と大絶叫して、一人でイッてしまいました。  



それからミニモニ少女をヒョイッと持ち上げて、  
駅弁ファックで部屋中を歩き回ってやりました。  


チビ助は軽いので簡単に持ち上がります(笑)  
10分くらい駅弁で攻めまくると彼女はもうメロメロ。  


上戸彩似の美少女が涙とよだれと鼻水垂らしまくりで、  

「スゴイ~ッ!スゴイ~ッ!チンポォォォ~ッ!」

とか言って、よがりまくっていました。


それでメロメロになった彼女をベッドに放り投げて、  
フィニッシュは再び鼻の穴にめがけて強烈顔射!  


仁王立ちでチンポしごいてスペルマ飛ばしまくってやりました。  

それからベッドの上で四つんばいになってケツの穴を見せ付けてやると、  
、  
もう何も言わなくても肛門をベロ舐めしやがりました♪  


それでバックの反応が良かったんで、  

またバックからチンポぶち込んで、気持ち良いトコを突いてやると、  

淫乱少女は痙攣しながら声もかすれた感じでイッてしまいました。


それでこちらもラストスパートでファイナルピストン!  

彼女をたて続けに三回イカせてやりました。  


フィニッシュはまたまた顔面発射!  

アニオタ美少女の鼻の穴をズボッ!と撃ち抜いてやりました。  

目や鼻や口元には白い精子がベットリ!  


三発目なのに「俺ってこんなにタフだったっけ?」と思う程の大量射精でした。  


それからすっかり発情した彼女の方から  

「チンポ舐めたい~、チンポォ~、チンポォ~」

とはしたなくねだられて、  

更に二発オマンコして淫乱なメスガキをメロメロにしてやりました。  


¥を渡す時、  

「今日はピンチだから約束どおりもらうけど、今度はもっと安くていいよ」

と言いました。  


それで連絡先を交換して別れました。  


結局、彼女は俺のデカマラチンポの味が忘れられなくなってしまい、  

彼女から俺に連絡してきて、  

タダでハメまくるようになり、
お互いに都合のいいセフレとして付き合うことになりました。  


あとから聞くとワクワクメールで他の男とも会ったらしいけど、  

俺のが忘れられないって言ってめっちゃ嬉しかった(自慢です笑)  


その後、彼女はコスプレイヤーとして活動し始めて、  
しばらくはコスプレイベントに参加していました。  

顔が可愛いので人気レイヤーになって、オタクカメコに囲まれて、いい気分になっているようでした。


俺は上戸彩似のコスプレイヤーに、
イベントで着ていた「こどものじかん」とか「カードキャプターさくら」とか、  

小学生キャラのコスを着せて、  
ランドセルをしょわせたまま、駅弁や立ちバックでオマンコしていました。  

セフレなんて簡単!