セフレ、ビッチ、ヤリマン情報

【野外SEX】知り合ったばかりの男の人と夜の公園で野外SEX


今日は、先日このサイトで知り会った人とのお話を書きます。  


その人とは、私が痴漢や野外プレイが好きだと話したら、気に入ってくれて、  

お話が会うし、メールの文章が素敵なので、お酒でも一緒にと誘われたんです。  


まずは、居酒屋の個室で会いました。  


会うなり、  

「え~!こんな子だったんだ~、もっと大人っぽい子だと思ってたよ」

と言われました。  

どうやら彼には子供っぽく(?)感じられたようで。  


とりあえずは、彼はビール、私はビールが飲めないのでワインで乾杯。  


少し食べ物をつまみながら、他愛もない話をしてました。  

彼は、私の容姿が気に入った様子で、可愛い、マジ可愛いよ、と誉めてくれました。  

私は、誉められたりすると弱いんです。


それを知ってか知らずか、彼はたくさん言葉で責めてきました。


お酒もお互い少しまわったところで、外へ。  

近くに大きな公園があるとかで、そこに彼は案内してくれました。  

大きな船が停泊していて、夜景のなかに溶け込む様子は、  
ひっそりとしていて素敵でした。  

すぐ前にベンチがあるので、そこに座り込みました。  

周りにもカップルがたくさんいます。  


「いい気持ちだね」

少しワインが回っていい気分の私はそう言いました。  

「そうだね~、いや、俺今すごい幸せ」


「何で?」

と私が聞くと、彼は、  

「これから君をこんなとこで好きにできるなんて」

と言ってきます。  

私がこれからを想像して、真っ赤になっていると、  

また可愛い、と言って、私の唇に、自分の唇を重ねてきました。  

彼の唇は柔らかく、私の膨らんだ下唇を、甘く噛んできます。  

そのまま、熱い舌が、私の口腔に滑りこんできました。  

舌と舌が擦れて、ざらざらと気持ちよくて私は声が漏れます。  


「ん……ンンっ」


「あー…すげ…キスだけでこんなすごいんだ」


彼はそう言うと、キスしながら私の胸の膨らみに手を掛けます。  

きゅっ、と膨らみに沿って滑る手のひらは、  

ぼんやりと私の敏感な乳首をなぞります。  

呻くと、彼は喜びました。  


「サイコーだよ、かおりさん…めちゃめちゃエロい」


彼は私の首筋に、顔を埋めて来ました。  


「いい匂い…香水かな。甘い匂いだね」


そう言って、首にキスを繰り返します。  

「あっ!……ぁぁ…」

彼はクスクス笑って、  

「野外なんだから、おっきい声はナシだよ」

そう言います。  


首、感じるんだね、そう言いながら、  

彼はスカートに、手を伸ばして来ます。  


ビクッと反応する私をよそに、太ももを撫でて来ます。  

「……ん……」

「ムチムチしてる…」

「あ……」

「奥は……もう湿ってる。感じやすいってメールで言ってたの、ホントなんだね」


彼は私のパンティまで手を伸ばすと、そっと湿った溝をなぞります。  


「はぁ、はぁ。」


声を出せない代わりに、盛れ出る吐息が卑猥です。  


彼は、かおりさんて最高だよ、と言いながら、ベンチから更に奥の茂みに誘います。  


私は茂みに腰を降ろしました。  


「ほら、ここならかおりさんの全部が見えるよ。まずは…」

彼は私の上着を、まくりあげました。  


「う―ん、白のブラかぁ…そそるね」

彼は嬉しそうにブラからおっきいおっぱいを取り出しました。  


「かおりさん、童顔なのにこのおっぱいはエロい……たまんないよ

そう言うと、私の乳首を、コリコリとつねってきます。

私が声を我慢していると、  

「食べてもいい?」

と言って硬い乳首を熱い口腔に包みました。  

「っ!~~、うぅ」


呻く声は、彼が手で私の口を塞いだ事でかき消されました。  

「声出しちゃだめだって。悪い子はお仕置き」


彼はハンカチを取り出すと、さるぐつわのように口に当てました。

中々興奮します。  

彼は私の胸を揉みしだき、ああ、とかスゲー、とか言いながら、喜んでいます。  

「そろそろ…下を見ちゃうよ」


彼はスカートをたくしあげると、パンティの中に手を入れてきました。

「何これ。濡れ濡れじゃん」


私は顔がか~っと熱くなるのが分かりました。  


すぐにパンティを降ろしてきます。  

足首にパンティを掛けたまんまで、彼は私の脚を拡げました。  

「ン~、ンンっ」

「恥ずかしいの?そりゃあそうだろうね、こんなエロい匂いがしてるんだもん」


彼はくんくんと犬のようにそこの匂いを嗅ぐと、ぴらっとひだを拡げました。  

「ヤバい…暗くてもここが真っ赤なのが分かるよ。どれだけ淫乱なの」

ちゅぱっ、と、彼が一番私の敏感な部分を舐めてきます。  

「ふ、ふぁぁあっ!」

「声はダメ、我慢して……あぁ、すごく腫れてる。酸っぱくて、エロい匂いだよ」


ちゅぱちゅぱと、大好きなクンニを野外でされていることで、私はとても興奮して、  


背中が芝でちくちくするのも気にならなくなってきました。  


彼は、指をずぶっと入れて、掻き回しています。  


それから、  

「かおりさん、俺もう我慢できない。俺のも舐めてよ」

そう言うと私のさるぐつわを外してくれました。  

寝ている彼の上に、跨がりました。  

彼のデニムのジッパーを下ろすと、むせかえるような青い匂いが私を包みます。  

そこには、いきり立った彼のモノがぴょこんと顔を出しました。  

「かおりさん……早く」

彼に急かされ、私はぱくっとほおばりました。



指を根元に添えると、上下にゆっくりと揺すります。  


「ああ……すご…たまんないよ」

彼の色っぽい声で、じわじわと自分も濡れるのが分かります。  

カリを舌で攻めると、びくんと揺れました。  


「かおりさん…かおりさんのおまんこも舐めるよ…」


下半身に、熱い刺激が甦ります。  

69の格好です。  

時折吹く風は、アソコを冷やしていきます。  

私が、ちゅぱっ、ちゅぱっ、と連続的に舐めていると、彼は慌てて私を引き離しました。  


「だめだ、かおりさんのフェラ…出ちゃうよ。ねえ、入れていい?」


私はこくこくと頷きました。  

彼は私を四ツ這いにさせると、ぐいと頭を芝生に押し付けました。  

自動的にお尻があがります。  

「あはっ、かおりさんのアナルも丸見え。サイコーだよ。  

濡れ濡れのおまんこ、もらっちゃうよ」



ずぶ、と彼は、おっきいカリを容赦なく入れてきました。


カリが膣に擦れて、私は声を漏らします。  


「あぁーっ、だめぇ」


「あー、すごい、中がグチョグチョだよ…」


ぐちゅっ、ぐちゅっ。

彼が動く度に、卑猥な音が響きます。  


奥に彼のカリが当たると、  

私はきゅんっと膣を収縮させてしまいます。  

「かおりさん…そんなに感じたら、ダメだよ…俺、もたない」


「私も…すぐ……いっちゃう…」


私は右手で、自分のクリを摘まみました。  

「あー、エロい。かおりさん自分でクリ摘まんで…すごい締まってるよ、中」


彼の言葉で、私は更に絶頂へと掛け上がります。  


パン、パン、と、彼の腰が私のお尻に当たる音が響きます。  

「あン、あん、私、いっちゃう」


頭が真っ白になって、誰かに見られてても関係なくなってきました。  

私は頭を地面に擦り付けると、自分でクリをしごいて、絶頂へといきます。  


「あ、あ、カリが……すごい……ああ~~~っ!いい~っ!イクっ!」



「ああ俺も出る、出る、かおりさんの中に…最高にいいよ、  

出すよ、……ぁあっ!」



彼と私は痙攣し、同時に果てました。


彼は、淫乱だね、と誉めてくれました。  


野外でしたのは初めてじゃなかったけど、  

初めて会った人とあんな風になったのは初でした。

セフレなんて簡単!